知っておこう!包茎の種類と治療方法について

包茎の種類は3種類!

包茎の種類については3種類あります。それは、「仮性包茎」と「嵌頓包茎」、「真性包茎」です。仮性包茎は平常時に亀頭の全部あるいは一部が包皮に覆われている状態です。勃起時には痛みや締め付けを感じることなく亀頭をスムーズに出すことができます。ただし、平常時に包皮に覆われていますので、衛生的に問題があることがあります。平常時に亀頭が刺激を受けないため候にもなりやすいです。嵌頓包茎は、包皮に余裕がなく亀頭を露出しようとすると、亀頭の下に締め付け感を感じたり、勃起時には締め付けのせいで亀頭を全部露出できないタイプの包茎です。真性包茎は、包皮輪がとても狭いため、平常時も勃起時も包皮を向くことができず、亀頭を露出することができないタイプです。このタイプの包茎であると、衛生面でも問題がありますし、性交渉寺にも問題がありますので手術した方が良いでしょう。

包茎の治療方法について

包茎の治療を行うには、病院の泌尿器科に通うか、包茎治療専門のクリニックを利用するのが良いでしょう。病院を利用した場合は、健康保険が適用となりますので治療費が安くなります。包茎治療専門のクリニックを利用した場合、健康保険の対象外となりますので治療費が高価になりますが、仕上がりは綺麗になると言われています。包茎治療には二つの方法があります。包茎矯正器具を使用して包茎を治す手段があるのです。包茎矯正器具には、下着に装着するものや接着剤を使用するもの、ペニス自体に装着するものなどがあります。もう一つの方法は、外科的手術を行う方法です。手術は日帰り手術で、40分から50分程度で終わります。入院が必要ないので気軽に受けられる手術です。

包茎の治療をする際、保険が適用できる場合もあります。治療費を抑えたいという時には、保険適用の医療機関を探すことで負担になりません。