酸洗い。それは日常で使う金属に欠かせないもの。

酸洗いとは何でしょう?

「酸洗い」。日常的に使用する言葉ではないですよね。それもそのはず、これは金属加工をする際の工程のひとつだからです。酸洗い処理とは、金属製品を硫酸や塩酸などの強酸性の溶液に漬け込むことで、金属の表面についている酸化物を洗浄、除去する化学洗浄処理のことです。金属を熱処理すると必ずスケールと呼ばれる酸化被膜が付着します。また溶接により黒く焼けた部分(黒皮)やもらい錆、作業時に手指で触れた際の油分などが金属製品に付着します。こういった不純物を取り除き、製品の品質を向上させるために仕上げで酸洗いを行います。

メッキ加工をする際にも酸洗い

金属製品は、金属の地そのままではなく、メッキ加工されている場合が多いと思います。メッキ加工は金属の表面に塗装することです。金属の表面に被膜や油分が付いていたら塗装がうまくのることができず、すぐに剥がれてしまうことになります。ここで酸洗いです。酸洗いをすると被膜や油分がきれいに取れ、金属の地が出てきます。金属の地の表面は凹凸があってザラザラしています。ここに塗装がが入り込みしっかりと付着するのです。

ステンレスにも酸洗い

ステンレスは錆びにくい金属です。なぜ錆びにくいのかと言うと、ステンレスの表面には「不動態被膜」や「酸化被膜」と呼ばれる極薄の膜が形成され保護しているからです。ただし、ステンレスに熱を加え加工したり切断してしまうと、これらの膜が破壊されてしまいます。このときに酸洗い処理をすることで不動態被膜が再形成され、錆びにくいステンレス性質が復活することになります。水回りであるキッチンにステンレスは欠かせません。酸洗い処理がそれを担っているんですね。

酸洗いは主に金属製品を酸性の薬剤で洗浄する行為を指し、サビや塗料などを効率的に除去出来ます。その一方で刺激臭などの不具合による健康被害を避けるために、換気や防護服の着用などを徹底します。

酸洗で検索
金属表面処理の続きはこちら