こんなメリットあり!CAD導入導入を検討してみよう

作業時間の大幅な短縮に役立つ

CADは、コンピューター上で製図を行うことであり、建設業界だけでなく航空業界や自動車業界、インテリア業界やアパレル業界などさまざまな業種で活躍をしています。

以前であれば、紙面上に作図を行うことになるので、製図を行うスタッフの作業時間がかかってしまいました。しかし、CADであればコンピューター上で処理をすることができ、さらに早く完成させるためにさまざまな機能が導入されています。同じ形を連ねるという場合にも、コピー機能が搭載されているので一つずつ制作するという手間もありません。また、以前に作っておいた保存データを活用することができるので、一から作らずに部分修正をするだけで新しいアレンジの商品を作り上げてしまうことができます。

早い作業効率は一日にたくさんの仕事をこなすことができ、急なお客さんの依頼であっても対応することができます。

書類の管理もひとまとめできる

CADシステムでは、製図を行うだけでなく生産にあたっての仕様書や見積書を用意したり、デザイン画などのデータも取り入れることができます。パソコンでデータのやり取りができるようにしておけば、自分のデスクに居ながらその製品に関して他の部署の仕事もチェックすることができます。

データとして揃えておくことができるので、書類の持ち運びや管理の手間もありません。その仕事の関わる全ての人の作業効率を上げることができるシステムでもあり、結果的には企業の業績を上げることにも貢献します。

水道CADとは水道に関するデータをコンピューターを用いて効率化し、さらにその設計・支援などを行うことを指します。