心療内科はストレスで体調を崩したときの強い味方

どんな症状が出たら心療内科へ行くのか?

現代は「ストレス社会」と呼ばれるようになって久しく、職場はもちろん親族などの人間関係からもストレスを感じる例が増えています。人間には軽度のストレスであれば自然と解消する機能があります。しかし、強いストレスを継続的に感じると肉体的な不調の原因となってしまうのです。具体的には、腹痛や下痢(便秘)など消化器系の不調、めまいや倦怠感などいろいろです。ストレスが原因と思われる不調が2週間程度継続しているときは、心療内科に行くことをおすすめします。なお、精神的な不調を治療するためには「精神科」もあります。心療内科と精神科のどちらに行くべきか迷うかもしれませんが、近所にどちらかの病院しかない場合は無理に遠くまで行く必要はありません。まずは医師の診察を受けることが大切で、必要であれば別の医療機関に紹介状を書いてくれるので安心してください。

心療内科は予約制が基本です

心療内科の多くは予約制になっています。患者の状態を判断するため、症状や生活環境についてじっくり話を聞く必要があるからです。初診のときは特に時間をかけて話を聞くので、予約制にせざるを得ません。そのため、病院によって、あるいは時期によっては初めての診察を受けるまでに時間がかかる場合もあります。しばらく不調が続いたら早めに予約を取るとよいでしょう。しかし、気持ちと体調に不安を抱えているときは、予約の電話をすることが高いハードルに感じられるかもしれません。治療開始が遅れれば回復も遅れるので、家族などに予約をとってもらうか、病院の窓口で直接予約するのもひとつの方法です。

岡山の心療内科には、インターネットで予約が気軽に取れたり、医師が丁寧に対応してくれたりと、通いやすいクリニックが多いという特徴があります。

公式サイト