人間ドックを受けるなら何歳から!?健康診断との違いや内容のポイント!

人間ドックって健康診断とどう違うの?

みなさんは人間ドックを受けたことがありますか?

人間ドックとは、一般的な健康診断で定められている項目よりも多くの検査項目を設け、生活習慣病やガンなど普段は見つけにくい病気の早期発見を目的としている診断です。

検査項目は病院ごとに設定されており、年齢や性別から選べるオプションなどを含めて料金も様々です。

高額で時間や手間が掛かるイメージの人間ドックですが、健康診断だけでは見つけられない病気の兆候を、少しでも早く発見するために受診が勧められています。

人間ドックは何歳から?

人間ドックには年齢制限は無く、基本的にはいくつからでも受けることが可能です。

ですが、ガンの早期発見などを目的としているため、費用補助が可能な年齢や、病気の発見の可能性を考慮した上で医療機関によって対応が違います。

効果的な年齢として、一般的にオススメされている「初めての人間ドック」の年齢は30代前後です。

30代を目安に一度は人間ドックを受け、その後は年齢に合わせて医療機関と相談して検査項目を追加していくのが理想的でしょう。

人間ドックを受けるポイントは?

人間ドックは基本の検査以外にも、ほとんどの医療機関で検査項目を選ぶことが出来ます。

例えば、ストレスの多い生活をしているのであれば消化器官の検査、アルコールの摂取が多ければ肝機能の検査などを行うなど、年齢や性別だけでなく体型やライフスタイルを考慮した検査が受けられるのが最大の特徴です。

また、異常が見つからなかった場合も、診断結果の数値一つ一つがその後の健康づくりの指針となるので、定期的に受けることが大切です。

人間ドックの評判が良い条件とは、胃カメラが上手なこと、検査結果の説明をしっかりしてくれること、人間ドック後に出される昼食が美味しいことなどが挙げられます。